コーチング考察ブログ

客観的な視点から、コーチングに関する研究・考察を行ないます。

「即死 / THE HIGH-LOWS」に見るコーチング

 

先日、ある曲が耳に入った。

 

THE HIGH-LOWSの即死という曲だ。

 

タイトルは激しめだが、その曲の歌詞にコーチングを感じた。

 

『何が正しいか知らない 何が楽しいか知ってる』

という歌詞である。

 

これは「俺たちは正しいことよりも楽しいことをするぜ」的な意味だと思うが、非常にコーチング的である。

 

コーチングで大事にしたいのは、「正しいこと」よりも「楽しいこと」である。

(※「楽しい」というのは、「価値観に沿っている」という意味で捉えていただきたい)

 

私たちは、幼い頃から「正しいことは何か?」というティーチングを受けてきた。

 

多くの人の行動基準は「正しいかどうか」である。

 

それも、上司・親・先生・家族など自分を評価する人にとって正しいかという基準である。

 

つまり、自分が大事にしたい価値観よりも、評価される立場として正しいことを選ぶのだ。

 

その行動基準では、自分自身が主人公を生きることは不可能である。

 

正しいと評価されるには、自分より相手の価値観に従わざるを得ないからだ。

 

コーチングで大事にするのは、「その人の価値観」である。

 

あなたは、何を目指したいのか。

あなたは、どうやってそこへ行きたいのか。

あなたは、どのような行動を起こすのか。

 

すべて「相手の価値観(=楽しい)」を尊重して関わる。

 

「正しい」よりも「楽しい」を大事にする訳である。

 

コーチングでは、それが他人にとって正しいかはとりあえず脇に置いておくのだ。

 

まずは、その人自身の価値観に沿った答えを考える。

 

「その人自身が主人公として生きていく」ことがコーチングの目指すところなのだ。

 

『何が正しいか知らない 何が楽しいか知ってる』

 

このフレーズはコーチングなのである。