コーチングblog

コーチングに関する記事を執筆します。

コーチングの定義を考える。

 

コーチングとは一体何か。

 

促進的アプローチ、指導的アプローチで、クライアントの学習や成長、変化を促し、相手の潜在能力を解放させ、最大限に力を発揮させること目指す能力開発法・育成方法論、クライアントを支援するための相談(コンサルテーション)の一形態。ただし、世界的に合意された明確な定義は存在しない。

参照:Wikipedia

 

と書いている。

 

世界的に合意された明確な定義は存在しないとの事。

 

見るからに怪しい。

まるで雲を掴むような話である。

 

ちなみに、Wikipedia以外でも大方の説明は

対話を通じて、自発的な行動や意思決定を促すスキル

というような感じである。

 

とにかくコーチングというのは、

対話を用いて、何かしらの能力や答えを引き出すスキル

ということだ。

 

では、視点を変えて「プロコーチ」と呼ばれる人たちはどう捉えているのだろうか。

 

曲がりなりにもコーチングで生計を立てている私の経験から

 

・目標達成のツール

・コミュニケーションスキル

・マネジメントスキル

・お悩み解決のツール

・ビジネスのツール

 

この中のどれかに当てはめてコーチングを提供しているコーチが多いと感じている。

 

要するに、コーチングスキルという「対話」を用いて様々な使い方をしている人がいるのだ。

 

だからこそ、人によってコーチングの定義がバラバラで曖昧な答えしか答えられないのである。

 

このブログでは、コーチングとは一体何かをとことん考察し、研究していきたいと思う。

 

ちなみに私は、コーチングを「思想」と捉えている。

 

これについてはまた詳しく解説するが、私はコーチングが大好きである。

 

コーチングがもっと世の中に広まれば、控えめに言って世界平和が訪れるだろう。

 

大好きなコーチングが、間違った意味や歪んだ捉え方をされたくない。

 

だからこそ、コーチングと向き合い、コーチングとは何かを考えていきたいと思う。